男性用と女性用洗顔料の違いはなに?肌質や成分を徹底比較!

酵素洗顔 メンズ

ドラッグストアやコンビニなどで手軽に買えるメンズ洗顔料ですが、

「男性用と女性用って何が違うの?」
「メンズが女性用洗顔料を使っても大丈夫?」

などと疑問に思うことがありますよね。

そこで今回は、

・男性と女性の肌性質の違い
・男性用洗顔料と女性用洗顔料の違い
・良い洗顔料ってどこで買うことができるの?

などをくわしく解説していきますよ。

洗顔料に関する正しい知識を身に着けて、肌悩みのない健康的な肌状態をキープしていきましょう!

男性用と女性用の比較表をチェックする!

人気メンズスキンケアを徹底比較!


バルクオム

 

メンズスキンケアを選ぶならバルクオムが断然おすすめ洗顔料の泡立ちと化粧水の保湿力が神すぎる良品、木村拓哉さんのCMでも話題です。

 

今なら初回限定500円キャンペーン実施中!

よくある定期コースの解約縛りもありませんし、効果を実感できなければ23日間の全額返金保証も付いています!

 

キャンペーン詳細はこちら

早速知りたい!男性用洗顔料と女性用洗顔料の比較表

長い説明を受ける前に、結局なにが違うの?と思う方向けに男性用と女性用洗顔料の比較表から紹介します

メンズ洗顔 違い

そもそも男性肌と女性肌では「皮脂量・角質水分量・皮脂の厚み・キメ・毛穴・紫外線の強さ」が全く異なります。

そのため洗顔料に求める成分や効果も大違い。男性肌は女性肌に比べて皮脂量が多く、角質水分量が少ないため、女性用洗顔料を使っても皮脂汚れがなかなか落ちません。

洗浄力や肌の改善効果(ニキビケア・毛穴ケア)を求めるなら、断然メンズ洗顔料を選ぶ方がおすすめです。逆に女性用洗顔料を選ぶのは、超敏感肌の男性くらいです。

洗顔料の違いを理解するためにも、まずは男性肌と女性肌の根本的な違いから理解しておきましょう。

男性肌と女性肌の違いを比較!

実は男性と女性ではホルモンバランスや生活習慣の違いから、肌の特徴にも違いがあるんです

この章では、男性肌と女性肌のそれぞれの特徴についてくわしく解説していきます。

男性肌 女性肌
皮脂量 多い 少ない
角質水分量 少ない 多い
皮脂の厚み 厚い 薄い
キメ 粗い 細かい
毛穴 大きい 小さい
紫外線 強い 弱い

男性肌の特徴

バルクオム 洗顔料画像:バルクオム

  • 肌内部の水分量が多い
  • 水分蒸散量が多い(水分保持力が低い)
  • 皮膚の保護力が弱く、肌が荒れやすい

男性の肌は思春期ごろから皮脂の分泌量が急速に増加し、20歳ごろには女性の2倍もの皮脂量を分泌するようになります。

また、女性は年齢とともに皮脂の分泌量が減少していくのに対し、男性は30代、40代になっても皮脂の分泌量は多いまま。

このように「皮脂の分泌量が多い」ということが男性肌の最大の特徴。

そのため、顔全体がベタついたりテカったりしやすく「皮脂詰まり」や「毛穴の黒ずみ」などの悩みを抱える方が多いです。

それに加え、男性は「毎日のシェービング」や「日差しが強い日でも日焼け止めを塗らない」、「飲酒や喫煙の習慣がある」など肌に負担をかけがちな行動や習慣が多いことから、肌の乾燥も引き起こされやすいですよ。

女性肌の特徴

画像:どろあわわ

  • 角質層が薄く、紫外線などの外的刺激に弱い
  • 毎日のメイクで肌へのダメージが多い
  • 皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい

女性の肌は男性に比べ水分量が多く、キメが細かいことが特徴です。

また、女性は30代あたりから肌のハリを支える成分が減少していったり、蓄積された紫外線ダメージが表面化してきます。

そのため、「シワ」や「たるみ」、「シミ」、「そばかす」などといった見た目で分かりやすい肌悩みを抱えることが多く、男性の肌より敏感で老化も早いんです。

「男性の肌より老化が早いって本当?」と思う方もいるかもしれませんが、女性はスキンケアに対する意識が高い人が多く、毎日のケアを継続していることで表面化しにくいんです。

男性も女性の美意識の高さを見習って、毎日のスキンケアを徹底することでいつまでも若々しい肌を手に入れることができますよ。

次の章では、男性用洗顔料と女性用洗顔料の違いについて解説していくので、続けてチェックしていきましょう。

男性用洗顔料と女性用洗顔料の違いはなに?

「洗顔って顔の汚れを落とすためのものだから、男性用も女性用も同じじゃないの?」と思ってしまいますが、実はそれぞれに違ったはたらきがあるんです。

そこでここでは、男性用洗顔料と女性用洗顔料の特徴についてくわしく解説していきます。

いままで何となく家にある洗顔料を使っていた方も、男性用と女性用の違いを理解することで、自分の肌悩みが解決するかもしれませんよ。

男性用洗顔料の特徴

バルクオム 洗顔料画像:バルクオム

男性用洗顔料は、前章で解説したように「皮脂量の多い男性肌をきれいにする」ことに特化したアイテムが多いです。

具体的には、皮脂量が多いことが原因の「ニキビなどの吹き出物」や「ベタつき」、「テカり」などの悩みを改善するために、洗浄力の高い「石油系界面活性剤」という洗浄成分を配合していたり、スーッとした洗いあがりを実現するために「メントール」という清涼成分が配合されている洗顔料が多いですよ。

しかし、

  • 石油系界面活性剤は洗浄力が高い分、刺激も強い
  • メントールは揮発性があり、乾燥を招きやすい

といったデメリットもあるため、刺激に弱い乾燥肌や敏感肌の方は男性用洗顔料を避けたほうがいいケースもあります。

乾燥肌や敏感肌の方におすすめの洗顔料の特徴については、記事下部「男性も女性用洗顔料は使える!」で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

女性用洗顔料の特徴

ルナメアAC画像:ルナメアAC

女性用洗顔料は男性用とは違い、「保湿成分が配合されている洗顔料が多い」ことが特徴です。

前章の通り、女性の肌は年齢とともに乾燥が加速していくため、保湿成分が配合されている洗顔料を使うことでうるおった肌の基盤を作ることができるんです。

また、美白成分やエイジングケア成分などの美容効果のある成分が配合されているアイテムが多いことも女性用洗顔料ならではの特徴。

さらに、女性の肌は刺激に弱く毎日のメイクでもダメージを受けているため、低刺激性に特化した洗顔料も数多く展開されていますよ。

しかし、低刺激性だけを追い求めた洗顔料は洗浄力が低く、脂性肌(オイリー肌)の女性は女性用洗顔料では洗浄力が足りないこともあります。

男性肌にも女性用洗顔料は使える!

ミノンメン画像:ミノンメン

前章では、男性用洗顔料と女性用洗顔料の特徴について解説しましたが、乾燥肌や敏感肌の方は「自分には男性用より女性用のほうが合ってるかも?」と思った方もいるのではないでしょうか。

女性用洗顔料を男性が使う際には、自分の肌質に合わせて使うのが基本です。

そもそも男性の肌質は主に4つあり、

  • 脂性肌(オイリー肌)
    • 皮脂の分泌が多く、すぐにテカったりベタついたりする肌タイプ
  • 乾燥肌
    • 肌内部の水分量が極端に少なく、肌がカサカサしていたり突っ張ったりする肌タイプ
  • 敏感肌
    • 少しの刺激でも肌が赤くなったり肌荒れが起きやすい肌タイプ
  • 混合肌
    • 顔の中でテカる部分と乾燥する部分が混在している肌タイプ

に分けられます。

その中でも肌に刺激を与えると肌トラブルが起きやすい「乾燥肌」と「敏感肌」の方は、女性用洗顔料を使うこともおすすめできます。

というのも、

  • 女性用洗顔料は低刺激で保湿効果も期待できる
  • 乾燥以外の肌悩みも合わせて改善できる
  • 自分の肌質に合った洗顔料が見つかりやすい

などのメリットがあるため。

反対に、男性によくある「脂性肌(オイリー肌)」や「混合肌」の方は、女性用洗顔料では洗浄力が足りないことがあるため、女性用にこだわりがない限りは男性用洗顔料を使うのがおすすめですよ。

また肌悩みがなく健康的な肌質の方でも、「美肌になりたい!」であったり、「エイジングケアを意識したい!」などがあれば、女性用洗顔料を使ってみるのもいいかもしれませんね。

次に章では、質の良い男性用洗顔料の買い方や選ぶポイントを紹介しているので、ぜひ続けてチェックしてみてください。

男性用洗顔料を探すなら通販がおすすめ

通販

せっかく男性用洗顔料を買うなら、成分や効果にこだわりたいですよね。

実はコンビニやドラッグストアで売っているような男性用洗顔料は、価格が安く手に入れやすい代わりに、成分や効果は控えめなことがあります。

しかし、通販専門のメンズ美容メーカーが販売している洗顔料の中には、

  • 低刺激で洗浄力もある
  • 美容成分が多く配合されている
  • 定期便などを使うことでお得に買うことができる

など、市販のアイテムでは実現できないメリットがたくさんあるんです。

反対に、

  • 市販のものに比べ価格が高い
  • 大量生産ではないため、在庫がないことがある

といったデメリットもあるため、自分の肌悩みや経済状況に合わせてぜひ検討してみてください。

編集部としては5年後、10年後の肌のためを考えて、いまから質の良い洗顔料を使い始めることをおすすめします。

まとめ

今回はメンズ洗顔料について紹介・解説してきましたが、いかがでしたか?

最後にもう一度、男性用洗顔料と女性用洗顔料の違いをまとめます。

◇男性用洗顔料の特徴

  • 皮脂をしっかり落とすために洗浄力が高いものが多い
  • ニキビやテカリ、ベタつきなどの改善を期待できる
  • スーッとした洗いあがりで気持ちよく使えるものが多い

◇女性用洗顔料の特徴

  • 洗浄以外に保湿効果も期待できる
  • 美容成分が含まれているものもある
  • 刺激が少なく、乾燥肌や敏感肌でも使いやすい

この記事を参考に自分に合った洗顔料を見つけて、肌トラブルとは無縁な清潔感のある肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です